スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > メガネ屋という仕事。

メガネ屋という仕事。

2016年10月29日

千里中央店

ツイートする

こんにちは。



メガネ屋という仕事をしていて時々思うことがあります。

僕たちの日々の仕事は

一体誰を幸せにしてるのだろう…って。



あたりまえの事ですが、僕たちは目の前のお客さまに心を込めてメガネをお作りします。

そして、そのメガネをお客さまが毎日のくらしの中でお使いになられます。



よく見える。

目が楽になった。

仕事でとても便利だ。

授業中も黒板が見やすい。

友達からの評判がとてもいい。

若くなったんじゃないと言われる。

とってもオシャレで気に入っている。

これを掛けてると自分らしくいれるんだ。



…実に様々な反応を頂戴します。
(時にお叱りを受けることもありますが…反省)


とてもありがたいことです。



メガネを掛けた人が幸せな気持ちになる。

そうすると、家族や友達などその周りの人も少し幸せな気持ちになる。

だって、自分の身近な人が幸せだったら、やっぱり嬉しくなりますよね?


そんなハッピーの連鎖反応があるとするならば。。。



もしかするとメガネ屋という仕事は
メガネをお買い上げいただいたお客さまはもちろん
その方の家族や友達などお会いした事のない方も含めて
たくさんの人々の幸せに影響を与えている仕事なのかもしれないなって。


そして事実、お客さまの喜びが僕たちの喜びであり、このメガネ屋という仕事を誇らしく思える瞬間でもあります。






4年以上前にNHKの確か『仕事ハッケン伝』という番組で出会って、その時からずっと大切にしている言葉を最後にご紹介したいと思います。



すべての仕事がお客様につながってる。
目の前のひとつひとつを丁寧に、キッチリと。
心を込めて、想いを込めて。一期一会。




僕自身これが単なるお題目とならないように気を引き締めて。






《ウエノ》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新記事