スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 子供の頃のケガのお話し

子供の頃のケガのお話し

2016年07月31日

南千里店

ツイートする

今回も昭和30年代のお話しです。

自転車に乗る練習をしてるとき、当時自転車は大人用のみで、三角乗り( ハンドルとサドルの間に三角部分があり、この間に右足を突っ込み運転します )から始め ます、ただしこの乗り方は『 女乗り』とバカにされるのでサドルに腰掛けて、足が届かないので右足を少し踏み込み次に左足を踏みペダルを戻し同じことを繰り返し前に進みます、問題は自転車から降りる時です。

足を乗せるいい場所がある時はまだいいのですが、たいがいは自転車を倒し飛び降ります。この時飛び降りた場所に土管のカケラが上を向いていて左足の裏側をザックリとやってしまいました、ゴム草履で運転してたのですが脱げて裸足状態だったので親指の根元より少ししたを横に切ったので、親指が取れそうな感じで左足はカカトで家に帰り、しっかり怒られ新聞紙の上に足をのせて車で病院へ行きました。

病院に着いた時は、新聞紙に足型の魚拓が出来てました。
簡単に消毒し、『 あっち向いて 』と言われ麻酔なしで縫われました。
当時この病院は、内科、外科、眼科、耳鼻科、全てみていただいてました。

小学一年生前後だったと思います、傷は1週間で抜糸をし治ったのですが、その後、傷口から黒い小石が出てきてその部分にタコが出来て現在にも存在。

次は、小学六年の運動会でのことです。
障害物競走で、網をくぐる時中腰で網を上に押し上げ前に進む時バランスを崩し左手を突いて 、激痛がはしり網を抜けたとき運悪く半ズボンのベルトまで切れてしまい、結果どんべいになりその後校医に手首を診てもらったところ、腫れてないから大丈夫とのこと。家に帰っても痛みが取れません、夜中ますます痛くなり
親父に湿布( 小麦粉と酢でつくる )をしてもらい、翌日病院に行きました。

手首のレントゲンを撮り見せていただいたところ、手首に2本のうち親指側の
骨が折れて間があいてました、『 あっち向いて 』と言われ看護婦さんと先生が
引っ張って、ギブスをし終了です、痛みは嘘のように取れました。

次は、野球をして遊んでる時悲劇が、ホームベースへ回り込んで左手でタッチした時、二度目なので、折れたのがすぐに分かり病院へ、同じ箇所で二度目のギブスでした。

子供の頃の痛みの体験も良かったかなと、今は思えます。

《フジイ》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新記事