スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 大三島へお見舞いに 前編

大三島へお見舞いに 前編

2016年05月29日

南千里店

ツイートする

先週の金曜日に大三島に行ってきました。

母が3年前から宮浦の病院に入院してましてお見舞いに行って来ました。

新幹線で新大阪より福山まで約1時間、降りてバスターミナルに駅から出たら、植え込みに見事な薔薇が咲いて綺麗でした。

次に、しまなみ海道を高速バスで大三島まで約1時間で着きます。
前回、帰省に約10時間掛かってましたと書いてたのですが、しまなみ海道のおかげで、今では3時間で着きます。

大三島BSに午後1時頃着き、この日宿泊の旅館、〈 茶梅 〉さんに迎えに来て頂き宮浦の宿まで行き、荷物だけ預け母の病院に行きました。

行く事を事前に言って無かったのですが、お大師さまのお告げでくるのがわかっていたので驚きもなく、[ 来てくれてありがとう嬉しいわ ]との事でこちらがビックリでした。

大正13年生まれで誕生日が来たら92歳、漢字ドリルをしたり、歌を覚えたり絵本を読んだり、ひ孫の写真を見て過ごしてるようでした。
寝たきりですが、認知症の心配は、皆無どころかお父さんの亡くなった年月日
次男の亡くなった年月日などをスラスラと言って、親戚の名前をノートに書いて
欲しいと言って10人くらいをフルネームで記入しました。

病院で2時間くらい過ごし、欲しい物必要な物を聞いて [明日また来ます]
必要な物を探したり、お土産の下見などぶらぶらして4時頃茶梅さんにチェクインしました。

《フジイ》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新記事