遠方アイポイントの測定

TOP > 遠方アイポイントの測定

◎遠方アイポイントの測定



遠近両用メガネレンズなどの、いわゆる累進レンズはその設計上、
メガネを掛けた状態での目の位置の計測(アイポイント測定)が
必須になります。
このアイポイントがずれてしまうと見えづらかったり、
慣れづらかったり、見え方に大きく影響してしまいます。


実際の測定ですが、最初にメガネに測定のための治具を取り付けます。

まずは正面から、測定器正面の鏡を見ていただきます。
これはお客様が遠くをご覧いただいている時の目の位置を測定します。


次は正面〜斜めの測定です。
お客様の眼球の中心からレンズの裏側までを
測定します。

今度は横からの測定です。お客様の頭部の傾きを測定します。

先の撮影では、鏡に映るお客様自身を見て頂きましたが、
この場合多少ですが、顎が上がってしまう傾向が
出がちですので、横を向いてもらうことで自然な頭部
傾斜となることが期待できます。

以上が測定器を使った、遠方を見る際のアイポイントの計測になります。

測定した値が細かく数値化されます。

より快適に遠近両用メガネを使っていただくためにアイポイント測定は重要です。